ホーム > リニア対策室 > 源道地地籍について発生土置場候補地から外すことを、関係する団体で確認しました。

源道地地籍について発生土置場候補地から外すことを、関係する団体で確認しました。

源道地地籍のリニア中央新幹線建設工事発生土処分候補地に関する報告

6月8日(水)源道地発生土置場候補地について、関係する団体による調整会議が開催されました。 

●出席者
 豊丘村(村長ほか2名)
 県リニア整備推進局及びリニア整備推進事務所(次長ほか4名)
 伴野区(区長)
 伴野原自治会(自治会代表)
 JR東海(所長ほか1名)

●JR東海からの報告
『源道地候補地については、一部地権者から測量への立ち入り同意が得られないため、候補地として今後事業を進めることは極めて困難である。』

●JR東海からの報告を受け、源道地地籍について候補地から外すことで、上記5団体の出席者で確認しました。

▲このページの先頭へ


ナビゲーション