ホーム > リニア対策室 > 第4回 豊丘村リニア対策委員会を開催しました。

第4回 豊丘村リニア対策委員会を開催しました。

 豊丘村リニア対策委員会の第4回目となる会議を、5月18日(水)午後7時より、豊丘村保健センター2階にて開催しました。

 JR東海が行うリニア中央新幹線建設に対して、生じる様々な問題・課題に対し、情報を共有し、対応を検討・協議していくため、村内の各団体から委員を選出し、豊丘村リニア対策委員会を平成27年2月に設置しました。
今回、第4回目となる会議を平成28年5月18日(水)の午後7時より保健センター2階にて、33名の委員の方に出席いただき開催しました。
今回の対策委員会についても、長野県、JR東海、中部電力の方にも出席いただき、それぞれの担当者より説明がありました。
 JR東海からは、現在実施されている伊那山地トンネル(坂島工区)の契約手続き、地質調査のために行われたボーリング等の状況、伊那山地トンネルにおける水収支解析、水資源に係る調査内容、豊丘村内の発生土置場候補地の現状、今後の予定等についての説明がありました。
 又、中部電力よりは、リニア本体への電力供給のために、上佐原に建設が予定されている変電所、大柏に予定されているJR東海の変電所への、送電線についての大まかな位置や、これからのスケジュール、中部電力が独自に行っている自主環境調査等についての説明がありました。

 この豊丘村リニア対策委員会につきましては、これからも必要に応じて随時開催し、今後始まるリニア中央新幹線の建設工事についての対応を、検討・協議するとともに、さまざま問題・課題についても、情報共有をしていきたいと考えております。

第4回豊丘村リニア対策委員会議録 PDFファイル (218KB)

▲このページの先頭へ


ナビゲーション