ホーム > リニア対策室 > 伴野原・大柏地区(変電所建設予定地周辺)へのリニア中央新幹線品川・名古屋間地区別事業説明会が開催されました。

伴野原・大柏地区(変電所建設予定地周辺)へのリニア中央新幹線品川・名古屋間地区別事業説明会が開催されました。

JR東海による伴野原・大柏地区(変電所建設予定地周辺)の、リニア中央新幹線品川・名古屋間地区別事業説明会が、2月25日(水)伴野原会所にて実施され、当日は36名の方が参加されました。

 伴野原・大柏地区(変電所建設予定地周辺地区)の説明会という事で、JR東海でも柏原果樹団地組合への説明会と同じく、変電所施設を中心とした説明となり、意見・質問も変電所関係が中心となりました。

◎主な意見・質問
 変電所施設については、工事に伴う周辺道路の整備計画、施設内での騒音の発生への懸念、施設への電力供給方法、フェンス等による安全対策の方法、雨水の排水対策と下流域への分散による排水計画の検討、施設内への労務宿舎の設置、建設予定地内の道路・灌水施設への対応方法、又、周辺の方々から住宅・農地等への通行の確保等についての意見・質問が出されました。
 その他、設計段階での早期の説明会開催の要望、リニア中央新幹線開設工事の必要性の説明 、発生土置場の現在の状況、用地取得事務の委託方法、工事に伴う坑口付近への労務宿舎等の設置等の意見・質問が出され、説明会は午後8時2分に終了しました。

▲このページの先頭へ


ナビゲーション