ホーム > 協働のむらづくり > これまでに行われた事業の紹介

「自らつくる地域づくり事業交付金」を活用した取組みの紹介

 平成23年度は、21年度に各地区で策定された『地区振興計画』実現のための事業を中心に、6事業が実施されました。

【福島区】 福島地区公園整備(環境整備)事業

福島区 環境整備  福島会所周辺の森林において、杉・桧の間伐と枝打ちを行い、遊歩道を整備しました。地区住民の協力で立派な遊歩道が整備され、会所に訪れる住民がリフレッシュできる小路となりそうです。24年度では、遊歩道周辺に花木を植える計画です。
【事業費 766,500円(うち交付金 600,000円)】

【中部1組 美しい地域づくりの会】 中部ハナモモ街道形成事業

中部1組 花の植栽作業  中部会所から勝負平にかけての道路沿線に、地区の皆さんの共同作業によりハナモモ等を50本とアジサイ20本を植栽しました。また、今年度は看板も設置されました。この事業は3年継続して実施している事業で、23年度は3年目になります。
【事業費 75,930円(うち交付金 75,000円)】

【胡芝自治会】 胡芝景観形成事業

胡芝自治会 花の管理作業  胡桃沢線の景観を良くするため、地区の住民の皆さんが沿線にハナモモ、サツキを植栽し、定期的に管理を行ってきました。地区の方が集まることで、定期的な意見や情報の交換が行われ、地区の結束を高めることもできました。
【事業費 30,000円(うち交付金 30,000円)】

【福島春日神社獅子舞】 第4回南信州獅子舞フェスティバル出演

 平成23年10月16日に飯田市で開催された南信州獅子舞フェスティバルに参加しました。交付金は、この出演に際して借り上げたマイクロバスや運搬用トラックのレンタル代、獅子の幌などのクリーニング代として活用されました。また、獅子頭や籠についても補修がされ、伝統文化の継承につながりました。
【事業費 242,742円(うち交付金 129,000円)】

福島春日神社獅子舞 獅子頭修繕

獅子頭 修繕

福島春日神社獅子舞 籠修繕

獅子舞籠 修繕

【林原木門神輿会】 林原木門神輿会(神輿大鈴購入)

 会員による手作り神輿をつくり、地区の連携を深め地域の発展に資する事業です。23年度はとよおかまつり、林原木門蕎麦まつり、伊雑皇社秋季祭など、地域の行事や祭りに参加しました。交付金は神輿に大鈴を装着するのに活用されました。
【事業費 210,000円(うち交付金 100,000円)】

林原木門神輿会 大鈴購入

神輿大鈴 購入

林原木門神輿会 大鈴装着

神輿大鈴 装着

【河野大宮神社獅子舞お囃子保存会】 獅子舞フェスティバル参加と機材修繕事業

 平成23年10月16日に飯田市で開催された南信州獅子舞フェスティバルに参加しました。交付金は、この出演に際して借り上げた運搬用トラックや機材のレンタル代として活用されました。また、お囃子の屋台や提灯の補修がされ、伝統文化の継承につながりました。
【事業費 475,408円(うち交付金 256,000円)】

河野大宮神社 お囃子屋台修繕

お囃子屋台、破風、提灯 修繕

河野大宮神社 お囃子屋台修繕

お囃子屋台屋根 修繕

過去の取組み

お問い合わせ先

総務課 企画財政係
電話:0265-35-9050
電子メール:zaisei@vill.nagano-toyooka.lg.jp

▲このページの先頭へ