ホーム > 行政情報 > 社会資本総合整備計画

社会資本総合整備計画

まちづくり交付金は、平成22年度より社会資本整備総合交付金となりました。

社会資本整備総合交付金とは

 地方公共団体が行う社会資本整備について、これまでの個別補助金を原則廃止し、基幹となる事業(基幹事業)の実施のほか、これと合わせて関連する社会資本整備や基幹事業の効果を一層高めるための事業を一体的に支援するため、地方公共団体にとって自由度の高い総合交付金で平成22年度から創設されました。

目 的

 地域の歴史・文化・自然環境等の特性をいかした地域主導の個性あふれるまちづくりを実施し、全国の都市の再生を効率的に推進することにより、地域住民の生活の質の向上と地域経済・社会の活性化を図ります。

(黒テキスト)

概 要

 都市再生整備計画に基づく計画及び対象地域は次のとおりです。
 
 ■豊丘地区 第1期計画 第9回変更(平成23年3月)平成18年度から平成22年度まで PDFファイル (13,976KB)
 ■豊丘地区 第2期計画 第5回変更(平成26年7月)平成24年度から平成28年度まで PDFファイル (21,892KB)

事後評価の報告

 豊丘村では平成18年度から22年度までの5年間に亘り、国土交通省の「まちづくり交付金」を受け各種事業を行なってまいりました。「まちづくり交付金」では、交付期間終了後の効果の持続や次のまちづくりへの展開を図るため、村がまちづくり目標に対する達成状況を確認したり、効果発現の要因を整理して今後のまちづくり方策を検討するために、事業に対する「事後評価」を行ないましたので公表いたします。

■豊丘地区 第1期計画 事後評価シート(平成23年3月) PDFファイル (2,239KB)

▲このページの先頭へ


ナビゲーション