ホーム > 行政情報 > 社会資本総合整備計画

都市再生整備計画とは

 豊丘地区では、都市再生整備計画に基づき、平成24年度からさまざまな事業を進めてきましたが、平成28年度が計画の最終年度となることから、事業の成果や目標達成状況などを検証し今後のまちづくりのあり方を検討するため、事後評価を行っています。
 このたび、事後評価(原案)をまとめましたので公表します。以下により、原案に対するご意見をお寄せください。

都市再生整備計画とは

 都市再生整備計画とは、都市再生特別措置法に基づき市町村が策定する計画で、まちが抱えている課題を解決するために目標を立て、その目標を達成するために必要な事業等を記載したものです。都市の再生に必要となる公共公益施設の整備等に関する事業やまちづくりに関するソフト事業を一体的に盛り込んだもので、この計画に基づいて実施される事業に対し、社会­資本整備総合交付金が充当できます。
 豊丘地区では「豊丘地区都市再生整備計画(平成24~28年度)」を策定し、別添計画に基づき事業を推進しています。

事後評価の目的

 事後評価は、都市再生整備計画の最終年度または翌年度に、事業によって得られた成果やその実施過程、成果の原因などを客観的に評価・分析し、今後のまちづくりのあり方を検討することや事業の成果などを住民の皆さんにわかりやすく説明することを目的としています。

事後評価のスケジュール

・事後評価(原案)の公表、意見の募集:平成29年12月1日 から 平成29年12月25日まで
・都市再生整備計画評価委員会による審議:平成29年12月26日
・事後評価結果の公表::平成29年12月27日
・フォローアップ:平成30年9月

事後評価結果の公表

お問い合わせ先

総務課 企画財政係
電話:0265-35-9050

▲このページの先頭へ


ナビゲーション