ホーム > 豊丘村の概要 > 村長メッセージ > 道の駅「南信州とよおかマルシェ」竣工式

道の駅「南信州とよおかマルシェ」竣工式

道の駅「南信州とよおかマルシェ」は平成30年4月27日(金)にグランドオープンします。

南信州とよおかマルシェ竣工式

南信州とよおかマルシェ竣工式

南信州とよおかマルシェ竣工式

南信州とよおかマルシェ竣工式

 本日ここに、豊丘村が地域起こしの拠点施設として建設いたしました道の駅「南信州とよおかマルシェ」の竣工式典を開催しましたところ、ご来賓の皆様方には年度初めの何かとご多用の中、大勢の皆さまのご臨席を賜りまして、このように盛大に竣工のお祝いが出来ますこと、誠にありがとうございます。
 これもひとえに、本日ご列席の皆様を始め、住民の皆様、尊い用地をご提供いただいた地権者の皆様のご支援の賜物と、深く感謝申し上げる次第でございます。
 奇しくも昨年の4月19日に起工式を挙行しましてちょうど1年、幸い工事の着工以来事故もなく、本日竣工式を迎えることができ、いよいよ道の駅の運用が始まります。
 近隣の皆様には、通行車両の増加などにより、ご迷惑をお掛けすることと存じますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
 また、新施設建設に際し、設計段階から素晴らしいご提案と多くのご協力をいただき、設計・監理等を担当いただいた株式会社アーキプラン・有限会社柏建築設計事務所・株式会社嶺水 共同事業体様に御礼申し上げますとともに、建設工事をお引き受けいただいた神稲建設株式会社様を始め関係者の皆様のご努力により無事建設工事を終了することができました。あらためて関係各位に対しまして、心から感謝を申し上げる次第でございます。

 さて、数年前になりますが、豊丘村も近隣市町村と同じく、担い手不足による農業の後継者不足、それに伴う優良農地の遊休化の増加が問題となっていました。もちろん今もその問題は過去形ではありませんが、そのような中、人、農地プランにおいて持続可能な農業を探る中で、農業の6次産業化と言う命題にあたり、観光農業の必要性が各農業団地の農業者の間で共有されました。
 長期的には、村まるごと6次産業化の村づくり構想として林原を中心とした壮大な観光農業化の長期計画が立案されました。
 この、まるごと6次化構想の取り組みとしての最初の施策として、農産物の直売所を作ろうという話が、平成25年3月の農村フォーラムの懇親会の席上で話し合われました。実はかつて豊丘村にJA南信州の選果場があったころは、桃、なし、りんごの期間営業中だけでも、選果場に設けられた直売施設で1億円以上の売り上げがあったそうです。
 農産物直売所を作るのなら、道の駅として開発すれば、規模も大きくでき、売り上げも上がるだろうということで、道の駅として登録することになりました。さらに、豊丘村にはこれまで無かったレストランや、焼き立てパン、アイスクリームのテイクアウトコーナーも直売所と同じ、道の駅を管理する、村の第三セクター「株式会社 豊かな丘」の直営として経営することとしました。
 さらには、地元スーパーのパルムショッピングセンターや喫茶店フランボア、クリーニング取次店ランドリー・ポケットがテナントとして参加いただきました。
 様々な業種にご参加いただいたことで、まさに将来の豊丘村の、経済、観光、文化の拠点としての位置付けを担う施設となりました。
 そのことが内閣府の小さな拠点税制の全国初の認定も受けることになったのです。

 4年後には竜東一貫道路の河野、横浜ゴムの交差点から、高森町カインズホームの国道153号の信号に向けての天竜川架橋も完成します。さらにその5年後にはリニア中央新幹線の開業、三遠南信道の開通へと続きます。
 まさに、私たちの暮らしているこの伊那谷に、かつて誰も経験したこともないような大きな変化の波が押し寄せてくることは間違いありません。
 はたして何が、どのように変わってゆくのか、想像するだけでも頭の整理がそう簡単にはつきません。

 ビジョニングと呼ばれる思考法があるそうです。目先のことから考え出すと型にとらわれやすくなり、間違いを起こすことが多い。逆に問題を克服した未来を想像して、その実現への課題を考えると、見落としがちなことが自然に近寄ってくる。その要は「未来を自由に描く事」だそうです。人は、目の前にある材料を並べてみては、はて、何ができるか、と考えがちだ。何か重要なことを成し遂げたいと思っても、制約ばかり考えてあきらめてしまう。しかし、大切なのは「やれない理由」ではなく、「未来のあるべき姿」を自由に描き「今、何をなすべきか」を決める事だそうです。
 「未来のあるべき姿」に向けて、長野県で46番目の道の駅として、4月27日金曜日にオープンします。
 ぜひともご来賓の皆様始め、村民の皆様、飯田・下伊那の郡市民の皆様、出荷者の皆様、それから道の駅「南信州とよおかマルシェ」を訪れて頂けるすべての方に対して、絶大なご声援と、ご利用を切にお願いしますと共に、ご臨席の皆様方のご健勝、ご多幸を心よりお祈り申し上げまして、式辞といたします。

 本日は誠にありがとうございました。


平成30年4月18日 豊丘村長 下平喜隆 

▲このページの先頭へ