ホーム > 豊丘村の概要 > 村長メッセージ > 南信州版企業ダーチャによる地域振興

南信州版企業ダーチャによる地域振興

南信州広域連合では、リニア中央新幹線開通・三遠南信道開通を見据えた南信州ならではの地域振興策をマーケティングの視点から研究し、現在大きく2つのプロジェクトを進めています。
ひとつは、新しい農業の振興として「イタリア野菜」を主とした希少種の栽培を行い、ターゲットを絞っためーケットの開拓を行っています。
そして、もうひとつは、都市と南信州の持続的な交流を目的とした「一村一社 ダーチャ運動」を計画しています。
ターゲットは都市部の企業で、南信州14市町村に各自治体1社と交流を持ち、都市部の企業と農村の互いの課題を補完する関係を目指いしています。
その目指す形としてロシアで普及するダーチャというシステムから、南信州版ダーチャを構築するべく現在進めています。
南信州広域連合では、今年7月にロシアを視察しダーチャの視察を行っています。
その視察に豊丘村長も同行し、ロシアダーチャから学ぶ南信州版ダーチャの構想を以下にまとめてあります。
今後、南信州が目指す形の一部となりうる取組ですので、ご覧ください。

南信州版企業ダーチャによる地域振興PDFファイル(7308KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

▲このページの先頭へ