ホーム > 豊丘村の概要 > 村長メッセージ > 平成28年度成人式 式辞

平成28年度成人式 式辞

平成28年度成人式

 新成人の皆さん 明けましておめでとうございます。昨年11月にはリニア中央新幹線の長野県の安全祈願祭、起工式が大鹿村に於いて執り行われました。いよいよこの伊那谷にリニア中央新幹線の工事のための槌の音が響きだし、リニア中央新幹線が着工された翌年の、今日、まさに成人式を迎える皆さん、成人式、誠におめでとうございます。またこのように、お子様を立派に育てあげられました親御さんに対しまして敬意を表させていただきます。

 昨年から選挙権が18歳に引き下げられ、選挙権については国際標準にはなったものの刑法などの定義からすると成人という概念はまだ20歳と言えます。そのため成人式についても20歳の節目に行わせていただくものです。

 今日から成人となったので急に大人らしく振舞ってくださいなどとやぼな訓示をするつもりはありませんが、人生を長く生きてきた先輩として一言ご挨拶をさせていただきます。



 さて昨年の海外に目を向けてみますと、アメリカでは予想をくつがえすトランプ氏の次期大統領当選、閣僚人事もほぼ終了し、新政権の顔触れからその政策の方向性がぼんやりと垣間見られるようになってきました。

 韓国では朴クネ大統領の国政を私物化した不透明な政治手法と、韓国政治風土が持つ、特権階級としての財閥との癒着が、友人の逮捕を皮切りにつぎつぎと暴かれ、30万人を超すデモ隊が青瓦台を取り囲み、ついには大統領の弾劾騒ぎとなっています。また、朴政権と日本政府が結んだ従軍慰安婦問題における、最終的かつ不可逆的に解決に至ったとする、合意文書もその履行が不透明になってきました。

 ロシア、プーチン大統領の訪日に於いても、北方四島の帰属を悲願とする日本に対して、国後島と択捉島に対艦ミサイルを配備するなどして、日本に厳しい姿勢を示しています。山口での会談も北方4島に対する直接的な言及はありませんでした。しかし、粘り強く交渉を重ねて、まずは旧島民皆さんの往来の手続きの簡素化や、経済協力の強化など、小さくても少しずつ前進させていただきたいものです。

 まさに一寸先は闇の世界情勢は、英国のEU離脱により顕在化してきた、自国優先主義を唱え、ポピュリズムを煽ってきた勢力のEU内のみならず世界中での伸長と、国際経済のグローバル化によって生み出された、貧富の格差が、まさに現代の世界情勢を混沌とさせているのではないでしょうか。

 国際法を無視して拡張主義を続ける中国、国益を最優先しクリミアを併合したロシア、イラク・シリア・ISが入り乱れての宗教戦争の様相に、ロシアやトルコ、イランの思惑がさらに情勢を複雑にして、出口の見えない戦争を繰り広げるアラブ諸国、民族紛争が繰り返されるアフリカ大陸、もはや世界の警察官ではないとしながらもアメリカ・ファーストを唱え、世界の紛争地帯からのアメリカ軍の撤退を予告するも、強硬派の軍人を国防長官に据えるトランプ次期大統領。

 まさに現在の世界情勢は私が40年前、青年の頃愛読したヘンリ・ミラーの南回帰線の冒頭にある、第2次世界大戦前夜の、1930年代、世界中の混沌とした状態を表現した「わたしはあらゆるものに、現実と虚構の間の風刺と逆説を感じ取った」と言うフレーズそのものに感じられます。

 イタリアでは昨年憲法改正を訴えた首相が国民投票で敗れ、辞職しました。今年はドイツの総選挙、フランスの大統領選、が行われます。EUの事務局長が結果によっては第3次世界大戦の臭いがすると発言したとの報道もありました。結果が注目されます。

 国民として、日本政府の間違いのないかじ取りを願うばかりです。



 村の駅について、お話しします。

 林里の竜東一貫道路沿い西側の建設予定地につきましては、地主の皆様の合意もいただいた中で、敷地造成のため昨年12月から耕土をはがし始め、今月中旬からは飯田松川ダムの堆砂土を県の要望に合わせ盛り土していきます。はがした耕土は圃場整備事業で必要としている阿智村に運びます。耕土を必要とする側と、飯田松川ダムの堆砂土の処分を行いたい県との意向が一致し、大変安価にて予定地の土の入れ替えが出来ることとなりました。

 建物についても順次詳細設計に移りつつありますが、まだまだ詰め切れていないところが沢山あるため、準備委員会、議会、関係者の更なる議論が急がれます。有利な国の補助金を頂くための今年度末までの発注が絶対条件です。

 平成30年春、豊丘村始まって以来の道の駅を開設し、農産物・特産品直売所、レストラン、焼き立てパン、惣菜、お弁当、ジェラートを展開する株式会社を村主導で立ち上げ、さらにはテナントにパルムショッピングセンター、クリーニング店、喫茶店などを同時にスタートします。

 そもそも豊丘村にはかつて桃、ナシ、リンゴの選果場が中芝にありましたが、松川町に選果場が統合されてしまい、村内に果物を売る場所も買う場所もなくなってしまいました。聞くところによりますと選果場が稼動している期間だけでも、果物の直売額が1億円を大きく上回っていたそうです。

 農村フォーラムを繰り返す中で、直売所の計画が持ち上がってきました。

 豊丘村の悲願であった、新万年橋(仮称)の建設も決定する中、リニア中央新幹線開業、三遠南信道開通を見極めれば劇的に発展していく伊那谷の東側の主要幹線路に竜東一貫道路が位置づけられることは間違いありません。

 現在でもすでにパルムのある県道伊那生田飯田線は旧道となっているうえパルムの駐車場が小さいため、大変不都合となっています。

 売れる直売所をつくり、果物や野菜で農家の方にしっかり儲けて頂き、耕作意欲を上げることで、農地を守り、結果として健康をも維持していただく事が可能になります。

 また、衰退を続ける商業についても、豊丘村に核となるショッピングモールが出来ることによって、様々な職種が集うことによる相乗効果で村の活力の中心地として発展することができます。

 商業の中心地が存在することにより、住みやすさを求める住民の数も増え、人口の増加につながります。



 グリムスパンキーについて、お話しします。

 豊丘村出身の松尾レミさんが飯田市出身で高校の先輩である亀本寛貴くんと結成しているロックユニット「グリムスパンキー」が、大ブレークの予感です。ワンピースの映画の主題曲を飾ったり、テレビCMのBGMに使われたり、全国ツアーで最終日2500人を集めるなどして大活躍です。また、ふるさと豊丘村をしっかり語って頂いています。

 豊丘村としても初めてメジャーデビューしたミュージシャンである松尾レミさんと、しっかりコラボレーションしながら応援していきたいと考えています。



 リニア中央新幹線について、お話しします。

 11年後の2027年には品川、名古屋間が、開通の予定です。将来は東京、名古屋、大阪を1時間で結ぶスーパーメガリージョン、巨大都市圏を構成し、そのど真ん中に伊那谷が組み込まれることになります。

 多分開通後、年を経るごとに凄まじい変化にさらされて行くことになると予測します。しかしその変化は世界でもまれにみるような、住んでいる人にとって素晴らしいものにして行かなくてはなりません。

 リニア中央新幹線開業によって、東京の品川から45分、名古屋から27分の時間距離に、この伊那谷が組み込まれていきます。南アルプスと中央アルプスに挟まれ、滔々と流れる天竜川の河岸段丘が佇み、平地には自然と農地が織りなす日本の原風景が広がっている伊那谷の魅力を都市部は間違いなく注目しています。そのころには三遠南信道も開通しているでしょう。

 あなたたちの近未来には、リニアの効果によって都市と共生し、自然と産業が共存した素晴らしいふるさと豊丘村が、日本のみならず、世界のふるさと創生のフロントランナーとして存在しているはずです。

 その為に今からしっかりと将来を見据えて、時代の流れを確実に捉え、豊丘村を明るく元気で、活力あふれる、持続可能なふるさととして、村民の皆様とともに築いていく覚悟です。

 新成人の皆様にも素晴らしい可能性を秘めている、私たちのふるさとがある事に誇りを持って歩んでいただきたいと思います。

 人生一度だけです。たまには振り返る事も必要かもしれませんが、反省だけでは前に進めません。失敗を恐れずに前向きな人生を送る習慣をつけてください。

 最後に私の座右の銘である、第2次世界大戦中にイギリスの首相として活躍した、ウィンストン・チャーチルの言葉を新成人の皆様にお送りしてお祝いの言葉とします。

「悲観主義者はいかなる機会にも困難を見出し、楽観主義者はいかなる困難の中にも機会を見出す」



                                        平成29年 1月3日 豊丘村長 下平喜隆

平成28年度成人式

平成28年度成人式

▲このページの先頭へ