ホーム > 豊丘村の概要 > 村長メッセージ > 豊丘村功労者表彰式

豊丘村功労者表彰式

H28功労者表彰

 本日ここに、早朝より大勢のご来賓各位のご臨席を得て、障害者福祉の推進に、豊丘村消防団の活動に多大なご功労をいただいた方々、並びに豊丘村に対して多額の寄付金、器具備品の寄付をされた方々の表彰式を挙行することができました事は、誠に喜びにたえないところでございます。

 今年表彰を受けられる皆様は、多年にわたり豊丘村身体障がい者福祉協会会長ほか役員を務められ社会福祉の向上に貢献された方、また豊丘村消防団長、副団長を歴任され、消防防災活動に長年貢献された方、豊丘村に格別に多額の金員、備品を寄付された村内企業の皆様であります。

 それぞれの方面において、皆様が、この豊丘村のために尽くしていただいたご労苦とご功績に対し、改めて敬意と感謝の意を表します。

 恐らく、その過程においては、人知れず辛い思いをされたり、身を削るような努力があった事とご推察申し上げます。本当にありがとうございました。

 さて今月、1日にはリニア中央新幹線の長野県の起工式が大鹿村に於いて、長野県知事、東海旅客鉄道株式会社社長以下関係者、直接工事に携わる大手ゼネコン関係者、沿線の市町村長、議長などが参列する中、厳かに執り行われました。

 工事が完成し、リニアが開通するまでの、十年程は工事にかかわる様々な問題が次々と具現化してくることは間違いありません。それらの諸問題に私たち行政は村民の皆様と力を合わせて乗り切り、来たるべき、リニア中央新幹線の開業を見据えて、今からこの地域の強みである、自然環境や、地域の歴史、文化、農業を始めとした地場産業、人々のコミュニケーションなどを磨き育て、リニアによる都市部や世界との時間距離の短縮による効果を、発揮しやすい環境を整えることが何より重要です。

 また今週のスーパーチューズデイと呼ばれるアメリカ大統領選では大方の予想を覆し、ドナルド トランプ氏が当選し、第45代アメリカ大統領となる事が確定しました。

 これは経済のグローバル化や移民の流入により雇用を失ったアメリカ国民が既成の支配階級であるワシントンの政治家や経済のグローバル化により極端な利益を生み出している多国籍企業に対する、ある意味、革命の様な選挙結果だと言えます。

 勿論、トランプ氏が選挙中に発言したすべての過激な政策が現実にならないことを、マスコミなどは報じていますが、間違いなくこれからのアメリカの経済政策や外交政策が内向きの自国優先主義になる事が予測できます。

 自国優先主義は、すでにロシアによるクリミア併合、中国の海洋進出、英国のEU離脱表明など、この数年の世界を驚かせてきた動きの底にはすべて同じポピュリズムの潮流があります。

 振り返って我が国を思うと、長い間、アメリカの軍事力の傘の下で形而上学的な安全保障体制の論議に明け暮れたり、世界に広まる経済のグローバリズムに対して、アメリカ追随の経済政策を中心に国の政策を展開してきました。

 トランプ新大統領の登場により、いよいよ戦後レジームからの真の脱却が日本も必要となり、アメリカに軍事でも経済でも過度に依存しない国づくりが急がれることになるのではないでしょうか。

 内外とも大きく変わりゆく今、私ども村の行政を預かるものとしては、リニアや三遠南信道、新万年橋、村の駅開設など、身近で足元の政策を、世界の、国の、時の流れを見極め、確実に遂行し、明るく、元気で、活力あふれる村づくりに邁進する所存でございます。

 どうか本日表彰を受けられた皆様始め、ご列席の皆様には、これからもそれぞれのお立場から、村政の推進に当たりましてのご協力、ご支援をお願い申しあげまして豊丘村功労者表彰式の式辞といたします。


   平成28年11月12日          豊丘村長 下平喜隆

▲このページの先頭へ