ホーム > 豊丘村の概要 > 村長メッセージ > 平成二十八年 成人式(1月3日)

平成二十八年 成人式(1月3日)

成人式

成人式

新成人の皆さん 明けましておめでとうございます。いよいよこの伊那谷にリニア中央新幹線の工事のための槌の音が響きだし、路線の中心線の杭が打たれたり、工事のための電源確保のために新しい電柱が立てられ、太めの電線が村内の関係地区に架設され始めました。リニア中央新幹線が着工された翌年の、今日、まさに成人式を迎える皆さん、成人式、誠におめでとうございます。またこのように、お子様を立派に育てあげられました親御さんに対しまして敬意を表させていただきます。
 今日から成人となったので急に大人らしく振舞ってくださいなどとやぼな訓示をするつもりはありませんが、人生を長く生きてきた先輩として一言ご挨拶をさせていただきます。
 リニア中央新幹線について少し触れさせていただきます。古代七7道のひとつ、東山道が伊那谷を通過したのは西暦700年ころと言われています。大化の改新が645年に起き中大兄皇子や中臣鎌足が曽我氏を滅ぼし、それまでは豪族がそれぞれに各地を治めていたものを、天皇中心の政治へと切り替えました。
 この改革により日本を一つの国として発展させるために、また大陸からの侵略に備えるために、国策として、東海道や北陸道、東山道、山陰道、山陽道、などの7つの国道が建設されました。東山道も都の近くは広いところで幅が24メートルから42メートルもあったそうです。地方でも6メートルから12メートルもの幅があるところもあったそうです。信濃の国には東山道の駅が15ありそれぞれの駅には馬が10頭ほど配置され、地方でなにかあれば馬を飛ばしてその日のうちに都へ情報が届いてしまうという、当時とすればとんでもない超高速道でした。
 その東山道の最大の難所が阿智村の御坂峠でした。御坂神社からは旅の安全を祈願するための、たくさんのまが玉などの模造品が出土しています。日本書紀や源氏物語、枕草子などには伊那谷を題材にした短歌がたくさん残されています。その短歌の内容からもこの伊那谷が西日本の文化と東日本の文化を結ぶゲイトウェイ、まさに東西の結節点であった事を示しています。
 その約1300年後、世界初の超高速リニアがこの伊那谷を通過することになりました。そしてご存知の方も多いと思われますが、なんとその駅の建設予定地が東山道の伊那郡の役所跡とされる恒川官衙遺跡に見事ぶつかりました。そのためリニアの路線を少し南に振ったのです。
 また天竜川は昔から日本の東西の文化の結節点を流れ断絶の川とも言われます。たとえば雑煮のおもちは天竜川の西側ではまるく、東側では四角い、年取りの魚は西側がブリ、東側が鮭と言われてきました。
 まさに東京と大阪を約1時間で結ぶリニア中央新幹線は東山道開通以来の千載一遇のチャンスをこの豊丘村の位置する伊那谷に与え、またそのことは、伊那谷が位置するこの地域とすれば日本の地勢上の必然であったのです。
 11年後の2027年には品川、名古屋間が、開通の予定です。将来は東京、名古屋、大阪を1時間で結ぶスーパーメガリージョン、巨大都市圏を構成し、そのど真ん中に伊那谷が組み込まれることになります。
 多分開通後、年を経るごとに凄まじい変化にさらされて行くことになると予測します。しかしその変化は世界でもまれにみるような、住んでいる人にとって素晴らしいものにして行かなくてはなりません。
政府は今、日本の人口減少と少子高齢化が明治以降の人口の東京一極集中にその元凶があるとして、地方創生なくして日本の再生はないとし、各市町村に再生のための、地方総合戦略の策定を求めています。
リニア中央新幹線開業によって、東京の品川から45分、名古屋から27分の時間距離に、この伊那谷が組み込まれていきます。南アルプスと中央アルプスに挟まれ、滔々と流れる天竜川の河岸段丘が佇み、平地には自然と農地が織りなす日本の原風景が広がっている伊那谷の魅力を都市部は間違いなく注目しています。そのころには三遠南信道も開通しているでしょう。
あなたたちの近未来には、リニアの効果によって都市と共生し、自然と産業が共存した素晴らしいふるさと豊丘村が、日本のみならず、世界のふるさと創生のフロントランナーとして存在しているはずです。
その為に今からしっかりと将来を見据えて、時代の流れを確実に捉え、豊丘村を明るく元気で、活力あふれる、持続可能なふるさととして、村民の皆様とともに築いていく覚悟です。
新成人の皆様にも素晴らしい可能性を秘めている、私たちのふるさとがある事、住んでいる事に誇りを持って歩んでいただきたいと思います。
 人生一度だけです。たまには振り返る事も必要かもしれませんが、反省だけでは前に進めません。失敗を恐れずに前向きな人生を送る習慣をつけてください。
 最後に私の座右の銘である、第2次世界大戦中のイギリスの首相として活躍したサー・ウィンストン・チャーチルの言葉を新成人の皆様にお送りしてお祝いの言葉とします。
 「悲観主義者はいかなる機会にも困難を見出し、楽観主義者はいかなる困難の中にも機会を見出す」

         平成28年 1月3日 豊丘村長 下平喜隆

▲このページの先頭へ