ホーム > 豊丘村の概要 > 村長メッセージ > 笹見平の桜植樹 (3月2日)

笹見平の桜植樹 (3月2日)

桜植樹

 堀越の西部自治会には樹齢400年といわれるしだれ桜があり、笹見平のしだれ桜として飯田、下伊那では有名です。
 このしだれ桜の道を挟んだ反対側に荒れた急斜面の荒廃地がありました。地元自治会の有志の方がその急斜面を整備して新たに桜を100本ほど植えて、桜の名所づくりをして行こうとの発案に自治会全体で活動をしていただける事となり、村の自ら作る地域づくり事業交付金の対象に採択され、植樹が実現しました。南信州日本花の会から苗木の提供と植樹祭への参加もいただきました。地元の方々も家族総出で参加していただき、楽しみな植樹祭となりました。地域の人たちが自分たちで汗を流して、地域のために自ら企画し、行動していただける事が村の発展の礎です。 3月4日 記

▲このページの先頭へ