ホーム > 豊丘村の概要 > 村長メッセージ > リニア意見書県に提出

リニア意見書県に提出

リニア意見書提出  1月9日、リニア新幹線沿線の6市町村、大鹿、豊丘、飯田、阿智、高森、松川、と広域連合で県の環境部長に意見書を提出しました。県知事はこれを受けて3月頃にJR東海に知事意見書を提出します。その後JR東海が評価書を作成し、それに対して、環境大臣、国土交通大臣の意見を受け、評価書の補正を行い、アセス結果の確定をし評価書の広告、縦覧を経て国土交通大臣の工事実施計画の認可を秋ごろには受け、工事着工の予定です。
 まさに生みの苦しみ、様々な問題山積です。JR東海には少しでも多くの地元要求に耳を傾けて頂き、関係する住民の不安や恐れを払拭しながら工事にかかって頂きたいと思います。
 しかしこれだけの大工事です。今まで伊那谷が経験したことのない規模の大工事が10年以上続きます。流入する作業員や関係者や関係車両の数、工事に関連した資金の流れ込み、リニア開通に向けて伊那谷は日本の中でも特別な地域となります。新たな、課題の出現も予測されますが、行政としてしっかりと対応していかなくてはなりません。村民の皆様のご協力をお願いします。

(平成26年1月17日記)

▲このページの先頭へ