ホーム > 豊丘村の概要 > 村長メッセージ > 松茸シーズン到来 絶不調

松茸シーズン到来 絶不調

 今年も松茸のシーズンとなりました。
 近年の温暖化の影響で、広島県や京都府の松茸の産地が、かつて程の生産量を維持できなくなっています。現在は、長野県の生産量が日本一となったため、長野県一の出荷量を誇る豊丘村が、結果的に日本一の松茸村と呼んで間違いないと思います。
 一昨年は50年に1度の大豊作、昨年も森林組合への出荷量だけでも7トンあり、なかなかの豊作でした。しかし、今年は9月の雨が少なく残暑が大変厳しかったこと、さらに10月は9月30日の台風以来、現在まで雨がほとんど降らなかったため、松茸が出荷に回るほど出ていません。
 昨日の雨で、週末から少しでも多く出てくればと願うばかりです。

『日本一の松茸の村 豊丘村 来年こそは出てくれ松茸』

(平成24年10月18日記)

▲このページの先頭へ