ホーム > 豊丘村の概要 > 村長メッセージ > 爆弾低気圧来襲

爆弾低気圧来襲

 4月3日の夕方から、日本各地に大被害を及ぼした台風並みの低気圧が豊丘村にも接近しました。村で予定していた交通安全推進協議会を急きょ中止して、被害状況の把握につとめました。
 村では、数ヶ所の倒木と福島線沿いの3ヶ所の古いバス停、いくつかのSSの倉庫等が被害を受けました。また、佐原地区の70戸が2時間~5時間の停電となり、該当地区の住民の皆さんは大変ご苦労様でした。幸い、テレビで報道された田村原の小さな物置小屋が転んだ程度の被害と言うことで、大事には至ることはありませんでした。
 やはり伊那谷は、風に対しては赤石山脈と飛騨山脈の壁に守られていると言えます。

(平成24年4月10日記)

▲このページの先頭へ