ホーム > 生涯学習・スポーツ > 豊丘村の文化財 > 大宮古墳

大宮古墳

 大宮神社の南、寺沢川の右岸の台地には、大宮古墳群として、六基の古墳が密集していたが、多くが明治初年頃までに破壊され、墳丘として現存しているものは大宮古墳一基のみである。この古墳は、径9.3mの円墳で、高さが西面で2.1m、東面で0.8mの封土が現存している。東半分は崩されて畑になったが、もとの円形を残し、頂上の5m四方の平場付近には、崩壊した石室用の大小の石数十個が散在露出している。配石によると、石室の大きさは、奥部の幅1.29m、長さは7.58m位あったと思われる。

(昭和60年4月 村文化財指定)

▲このページの先頭へ