ホーム > 生涯学習・スポーツ > 豊丘村の文化財 > 本城跡

本城跡

 河野久保田隆氏所有の山林にある。美国平の東方山上、勝負平の西南の丘陵の端が黒谷に突出した所。深い空濠(からぼり)で区画された堅固な要害地である。出丸・本丸・二の丸土居等が明確に残った遺構で山城の代表的なものである。本丸の広さは東西50m、南北35m、西端に深さ10m、底幅6mに及ぶ大空濠があり、その西に三日月形の出丸がある。本丸の東方は、深さ6.7m、底幅3mの空濠をへだてて二の丸がある。本丸の東方より北辺の一部にかけて土居がある。築城年・築城者共に明らかでないが、室町時代末のものと推定される。

(昭和57年12月 村史跡指定)

▲このページの先頭へ