ホーム > 子ども・教育 > 保育園 > 保育料について

保育料について

平成29年度 保育料

階層 定       義 3 才 未 満 児 3 才 以 上 児
1人目 2人目 1人目 2人目
生活保護法による被保護世帯 0 0 0 0
村民税 非課税世帯 標準時間保育料 9,000 4,500 6,000 3,000
短時間保育料 7,800 3,900 4,000 2,000
村民税所得割課税額 48,600円未満 標準時間保育料 19,000 9,500 15,000 7,500
短時間保育料 16,800 8,400 9,000 4,500
4-1 村民税所得割課税額77,101円未満 標準時間保育料 28,000 14,000 21,000 10,500
短時間保育料 23,000 11,500 14,000 7,000
4-2 村民税所得割課税額 97,000円未満 標準時間保育料 28,000 14,000 21,000 10,500
短時間保育料 23,000 11,500 14,000 7,000
村民税所得割課税額 169,000円未満 標準時間保育料 42,000 21,000 27,000 13,500
短時間保育料 36,500 18,200 19,500 9,700
村民税所得割課税額 301,000円未満 標準時間保育料 50,000 25,000 30,000 15,000
短時間保育料 44,000 22,000 22,500 11,200
村民税所得割課税額 397,000円未満 標準時間保育料 54,000 27,000 33,000 16,500
短時間保育料 48,000 24,000 25,000 12,500
村民税所得割課税額 397,000円以上 標準時間保育料 64,000 32,000 36,000 18,000
短時間保育料 56,000 28,000 28,000 14,000

保育料の軽減について

1、国の基準での軽減
(1)同時に2人以上の子どもさんが通園している場合の減額基準 【国の基準で減額措置】
階層及び3歳以上児・3歳未満児に係わらず年齢が高い児童を1人目とする)
①同時入所の1人目は全額(減額はありません。)
②2人目が保育料徴収額の1/2を減額
③3人目が保育料徴収額の全額を免除

(2)母子・父子世帯、在宅障害児(障害者)のいる世帯 【国の基準で減額措置】
第2階層  全額免除
②第3階層  同時入所の1人目は1,000円減額後更に1/2を減額・2人目は全額免除
③第4-1階層1人目は1/2を減額・2人目は全額免除
④第4-2階層以上は全額(減額はありません。)
 *同一家庭から村外の保育所・幼稚園・認定こども園に通っている子どもも上記の減額措置対象算定人数に含める。

(3)第2階層~第4-1階層における多子世帯軽減   【国の基準で減額措置】
(多子軽減の算定人数に兄弟の年齢要件はありません。)
①第1子は全額(減額はありません。)
②第2子は利用者負担徴収額の1/2を減額
③第3子は利用者負担徴収額を全額免除
④第4-2階層~第8階層の軽減はありません。

2、村の基準での軽減
国の基準での減額の後、更に豊丘村の基準で利用者負担額が軽減されます。
全階層が対象で、兄弟の算定人数に年齢要件はありません。

(1)第3子以降もしくは、同時入所第2子の保育料 【村の減額措置】
3歳以上児:標準時間保育(短時間保育利用者負担額との1人目の差額を徴収)
       短時間保育 (利用者負担額は無料・延長保育料30分当たり100円を徴収)
②3歳未満児:標準時間保育(利用者負担額の1/2を減額した額を徴収)
       短時間保育 (利用者負担額の1/2に延長保育料を加算した額を徴収)
 

お問い合わせ先

教育委員会 子ども課 保育園係
電話:0265-35-4953
電子メール:hoiku-204161@vill.nagano-toyooka.lg.jp

▲このページの先頭へ


ナビゲーション