ホーム > 産業・仕事 > 商業・工業 > 【27~29年度】豊丘村地域内消費循環住宅リフォーム助成金事業(通称:リフォーム助成金事業)

【27~29年度】豊丘村地域内消費循環住宅リフォーム助成金事業(通称:リフォーム助成金事業)

 豊丘村では、景気低迷・消費税率アップにより村内建設業者の仕事量が減少する中、村内の住宅関連工事を誘発し村内建設業者(特に職人のような小規模事業者の方)の仕事を創出するため、平成27~29年度の3年間限定で、村内住宅のリフォーム工事に対する助成事業を実施します。
 新制度は「地域内消費循環住宅リフォーム助成金事業」とし、豊丘村民が村内の住宅のリフォーム工事を実施した場合に、工事費用の1/5(上限15万円)を助成します。なお、助成金は、村内の商店で利用可能な「だんQベリマッチ商品券」で交付します。
 利用回数の制限はなく、助成金が累積で15万円に達するまでは、同一世帯が3年間で、何度でもこの事業の利用が可能なしくみとしています。

助成の要件・内容

 以下の全てを満たす工事です。

対象工事

  • 村内の個人住宅、附属家(長屋)、農業用ハウス等(本村住民が所有または居住しているものに限る)に対して行う1件5万円以上のリフォーム工事。その他、事業を営む個人(村民に限る)や法人が村内にある事業用の店舗・事務所・倉庫等をリフォームする場合や、自治会・区等が自治会会所や区民会館をリフォームする場合も対象になります。
  • 平成27年4月1日以降に着工し、平成30年3月31日までに完了する工事
  • 以下の【対象工事】に該当する工事(23~25年度の「旧リフォーム助成金事業」と同じです)  
対象工事と対象外工事
対象工事 対象外工事
・増改築全般、外壁・内装・天井の改修、床の張替え・補修、屋根の修理・塗装、畳替え、襖・障子の張替え、窓の改修(サッシ取替え)
・電気配線設備の改修、ガス配管設備の改修
・給排水施設・トイレの一体的改修、給排水設備の改修を伴う洗面台・浴槽(ユニットバス含む)の取替(蛇口の取替含む)、給排水設備の改修を伴う流し台・換気扇の取替(大工工事を伴うものに限る)、床暖房設備の設置
・対象施設敷地内の石積改修・ブロック積改修・進入道路改修・フェンス改修・塀修理
・門に関する工事、庭に関する工事
・エコキュート・ボイラー・エアコン・照明器具・便座(ウォッシュレット等)・IHヒーター・ガスコンロ・洗濯機・冷蔵庫・食洗機・換気扇等の器具のみの取換工事(給排水設備工事又は大工工事を伴わないもの)
・他の村補助金を受けている工事
・宗教施設に対する工事

助成金額

 工事費用(消費税含む) × 1/5(千円未満切捨)

※村内の商店等で使用できる「だんQベリマッチ商品券」(豊丘村・豊丘村商工会発行)で交付します(有効期限6ヶ月)。

【注】だんQベリマッチ商品券 取扱店一覧

助成金の上限・利用回数

  • 旧制度(23~25年度)のリフォーム助成金を利用された方も本事業を利用できます。
  • 対象期間内(平成27~29年度)に何度でも本事業を利用できます。ただし、1世帯で受けられる助成金額は、この期間内で合計15万円までとします。
(例)以下のような利用の仕方が可能です。
① 27年 5月に10万円で畳の表替えを行う (助成金10万円×1/5 = 2万円)
② 28年 7月に40万円で外壁の塗装を行う (助成金40万円×1/5 = 8万円)
③ 29年11月に50万円でトイレの改修を行う(助成金50万円×1/5 =10万円 ⇒ 5万円)
                          (累積で上限15万円のため)

※村への書類提出(申請・実績報告等)は、登録業者が全て施主に代行して行います。

工事の施工業者

豊丘村に本社を置く事業者 または 豊丘村商工会加盟者 で、あらかじめ村へ登録した業者に限ります。

申請様式

要綱

リフォーム助成金事業

お問い合わせ先

産業建設課 商工林務係
電話:0265-35-9056
電子メール:syokorinmu@vill.nagano-toyooka.lg.jp

▲このページの先頭へ


ナビゲーション