ホーム > 産業・仕事 > 農業 > 農業者年金

農業者年金について

農業者年金とは

農業者の老後の生活を安定させるための年金制度です。年金受給に必要な原資を自分で積み立て、基金の運用実績により受給額が決定する確定拠出型年金です。

加入要件

・国民年金の第1号被保険者(保険料納付免除者を除く)
・60歳未満
・年間60日以上農業に従事している人

保険料

・保険料は毎月2万円を基本に、最高6万7千円まで千円単位で決められます。

・農業の意欲的な担い手は保険料の助成が受けられます。

区分 補助対象者 特例保険料(補助割合)
35歳未満 35歳以上
1 認定農業者で青色申告 10,000円(5 割) 14,000円(3 割)
2 区分1の人と家族経営協定を締結している人
3 認定農業者か青色申告者の一方で3年以内に両方を満たす人 14,000円(3 割) 16,000円(2 割)
4 35歳未満の農業後継35歳までに区分1になる人 -

※保険料の助成を受けている間は、基本保険料の2万円となります。

年金の受給

20年以上の期間(カラ期間含む。)保険料を納付している人は年金を受給できます。年金の支給開始は65歳からが原則ですが、60歳からの繰上げ支給も可能です。年金額の受給額(年額)については、保険料の納付済み期間、保険料額、基金の運用利回りにより異なります。農業者年金の詳細につきましては、下記までお問合わせください。

お問合わせ先

農業委員会事務局
産業建設課 農政係
電話:0265-35-9056
電子メール:nosei@vill.nagano-toyooka.lg.jp

JAみなみ信州豊丘支所
 電話:0265-35-2525

▲このページの先頭へ


ナビゲーション