ホーム > 保険・年金 > 長寿医療制度 > 保険給付について

保険給付について

限度額適用・標準負担額減額認定証

限度額適用・標準負担額減額認定証 市町村民税非課税世帯の方は、高額な外来診療や入院の場合、限度額適用・標準負担額減額認定証(認定証)を提出することにより、医療機関ごと窓口での支払いが減額されるなどの措置が受けられます。市町村の担当窓口で、交付の申請をしてください。

認定証は、毎年7月末までの有効期限ですが、一度申請していただくと、翌年も市町村民税非課税世帯に該当する場合は自動更新となり、期限前に新しい認定証が送付されます。

医療費が高額になったとき(高額療養費)

 1ヶ月(同じ月内)の医療費の自己負担額が下記の限度額を超えた場合、申請して認められると限度額を超えた分が高額療養費として支給されます。一度申請をすると、その後に該当する高額療養費は自動的に指定された口座へ払い戻されます。

高額医療費自己負担限度額

※「+1%」は医療費が267,000円を超えた場合、超過額の1%を追加負担。
※( )内は高額療養費の支給が4回以上あった場合の4回目以降の額。
●低所得Ⅱ・・世帯員全員が住民税非課税である方。
●低所得Ⅰ・・世帯員全員が住民税非課税であって、世帯の所得が一定基準以下の方。

入院したときの食費(入院時食事療養費)

入院したときの食事代は、1食分として定められた額を負担します。 

▲入院時食事代の標準負担額(1食あたり)

入院したときの食費 ※低所得者Ⅰ・Ⅱの方が医療機関の窓口で減額を受けるためには、「限度額適用・標準負担額減額認定証」が必要となります。

療養病床に入院した場合(入院時生活療養費)

▲食事代・居住費の標準負担額(療養病床に入院した場合)

療養病床に入院した場合の食費と居住費 ※入院医療の必要性が高い人(人工呼吸器等が必要な人や難病の人等)は食費の一部負担のみです。

特定疾病の場合

特定疾病療養受給者証  厚生労働大臣が指定する次の特定疾病の同一月の同一医療機関の自己負担限度額は、入院・外来それぞれ10,000円までとなります。「特定疾病療養受療証」が必要となりますので、お住まいの市町村の担当窓口へ申請してください。(申請に必要なもの:被保険者証、特定疾病に関する医師の意見書など)
● 人工透析が必要な慢性腎不全
● 先天性血液凝固因子障害の一部
● 血液凝固因子製剤の投与に起因するHIV感染症

高額介護合算療養費

 1年間(8月から翌年7月分までの期間)の医療費が高額になった世帯に介護保険の受給者がいる場合、医療保険と介護保険の年間の自己負担額の合算額が下記の限度額を超えた場合、申請して認められるとその超えた分(支給基準額500円を超えた場合に限る。)が支払われます。

高額介護合算世帯単位の自己負担限度額 ※ 平成20年4月から7月までの分は、平成20年8月から平成21年7月までの分と合算して < > 内の限度額を適用する場合があります。

あとから費用が支給される場合

 次のような場合は、かかった費用をいったん全額自己負担していただき、後で役場で申請して認められれば、自己負担分以外の額があとから支給されます。
・やむを得ず保険証を使わず診療を受けたとき
・骨折、脱臼などで柔道整復師の施術を受けたとき又は保険医の同意を得てあんま、はり、灸などの治療を受けたとき
・治療のため必要なコルセットなどの治療用装具を購入したとき
・手術などで生血により輸血をしたとき
・移送費がかかったとき
・訪問介護ステーションなどを利用したとき

お問い合わせ先

住民課 保健衛生係
電話:0265-35-9061
電子メール:hoken@vill.nagano-toyooka.lg.jp

▲このページの先頭へ


ナビゲーション