ホーム > 防災・防犯・交通・行政相談 > 防災 > 地震等に備える

地震等の災害に備えましょう

豊丘村は東海地震の被害予想地域にも指定されており、いつ来るとも限らない地震への備えをすることが必要です。

【その1】非常用品を備えておきましょう
●食料7日分程度(うち非常食3日分)
 ・缶詰、ビスケット、乾パンなど
●飲料水(1人につき1日3リットルを最低3日分用意)
●現金(硬貨も)
●救急薬品・常備薬
●生活用品
 ・衣類、下着、くつ下、紙おむつ、生理用品、トイレットペーパー、ライター、マッチ、懐中電灯、予備電池、携帯ラジオ、ヘルメット、寝袋

【その2】避難や災害時の連絡方法について確認しましょう
●避難場所・道順の確認
・豊丘村防災マップ全図 PDFファイル (12,984KB)
・河野地区防災マップ PDFファイル (9,005KB)
・神稲地区防災マップ PDFファイル (12,005KB)
・河野地区防災マップ(裏面) PDFファイル (13,234KB)
・神稲地区防災マップ(裏面) PDFファイル (12,896KB)
 
 ※裏面については河野地区、神稲地区ともに表紙が違うのみで、その他に関しては同様の内容となります。

●携帯電話の災害用伝言版
・大災害が発生すると、携帯電話のインターネットメニューに「災害用伝言板」が追加されます。
●NTT電話の災害用伝言ダイヤル
・災害によって電話がつながりにくくなった時のために、安否確認の伝言が録音できます。
使用方法はこちらをご覧ください。
 NTT電話の災害用伝言ダイヤル PDFファイル (28KB)

【その3】家具等の転倒防止の対策をしておきましょう
●タンス・本棚
 ・L字金具や支え棒などで固定する。
 ・二段重ねの場合はつなぎ目を金具でしっかり連結しておく。
●照明器具
 ・チェーンと金具を使って数カ所止める。
 ・蛍光灯は蛍光管の両端を耐熱テープで止めておく。
●食器棚
 ・L字金具などで固定し、棚板には滑りにくい材質のシートやふきんなどを敷く。
 ・重い食器は下に、軽い食器は上の方に置く。また、扉が開かないように止め金具を付ける。

お問い合わせ先

総務課 総務係
電話:0265-35-9050
電子メール:somu@vill.nagano-toyooka.lg.jp

▲このページの先頭へ


ナビゲーション